魅力 検証 販売 相談 ブログ

発泡ウレタンの実験 | 発泡スチロールへの接着

発泡ウレタンのエアータイトフォームは無溶剤系であり、発熱もせず、発泡スチロールを溶かすことはない。同じ発泡ウレタンであっても、2液性の発泡ウレタンは施工サイズによって100度近く発熱することがあり、スチロールなどのプラスチック材料を溶かすことがある。エアータイトフォームは常温硬化の湿気硬化型であり、溶かすことはない。


緩衝材で使用していた発泡スチロールをカットしたもの。

ウレタンフォームを吐出して1分後くらいの様子。発泡スチロールは溶けてはいない。

吐出10分後くらいの様子。ウレタンフォームの表面は硬化し、触っても軟からいが軽く触るぶんには大丈夫。

吐出30分後くらいの発泡ウレタンの様子。落ち着いてきたが徐々に発泡して膨らんでいる。表面が滑らかになっている。表面は触ってもベトベト感、粘性がほぼ無くなってきた。吐出してすぐより、平べったい感じで発泡している。

吐出60分後くらいの様子。ウレタンフォームを押すと硬いのがわかる。発泡はほぼ終了と感じる。発泡スチロールにしっかり接着できていた。表面がつるつるで光沢があるように見える。


テクニカルセンター担当者コメント

発泡スチロールに発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を塗布する場合、発泡スチロールが溶けることはなく、ちゃんと接着できている。発泡スチロールはカラースプレーなどで色を塗ると溶けてしまうが、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」なら、発泡スチロールのようにジュブジュブと溶けることはない。硬化後に色を塗る必要がある造形には、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を活用できる。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。