魅力 検証 販売 相談 ブログ

発泡ウレタンの実験 | 風邪マスクに発泡させる

発泡ウレタンを風邪マスクに吐出した。そもそも、マスクは、花粉、ウイルス飛沫侵入をしっかりブロックするものだが、発泡ウレタンのエアータイトフォームは通さずにブロックしてくれるのか。染み出てこないのか。


吐出前の使い捨てマスク。材質はポリプロピレン、ポリエチレン。

吐出1分後くらいの発泡様子。

吐出10分後くらいの発泡様子。でこぼこが減り、大きくなった。

吐出30分後くらいの発泡様子。表面の見た目はあまり変化ないが、大きくはなった。

吐出60分後くらいの発泡様子。左側だけ大きくなった様に見える。表面は固まっているが、押すとまだ少し柔らかい。

吐出60分後くらいのマスク裏側の様子。若干色が透けてるものの、浸透はなし。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使った実験は、風邪用の使い捨てマスクに、発泡ウレタンを直接塗布するといった実験だったが、気温、湿度の理由なのか、缶内のウレタン原液の混ざりがいまいちだったのか、今回、固まるのは少し遅かった。発泡ウレタンは作業環境の温度や湿度によって、硬化が遅くなる場合もある。尚、フォームの浸透はなかった。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。