魅力 検証 販売 相談 ブログ

発泡ウレタンを新聞紙の上に塗布する実験。

読み終えた新聞紙が手元にあったので、なんとなく、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を発泡させただけの実験です。とはいっても新聞紙の厚さが0.07ミリくらいだということを勉強しました。やっぱり実験と興味を持つということは大切です。何を確認したかったかというと、薄い紙にウレタンの泡を塗布して固まらせると、どのように新聞紙がくねるのか、発泡ウレタンが固まるときに接着面にはどのようなチカラを与えるのか、という傾向を知りたかったわけです。ほとんどの人は知らなくて良い内容だと思いますが、開発熱心な方はヒントになると思います。


普通の新聞紙を切ったもの。

吐出1分後くらいの発泡様子。泥の様にも見える。

吐出10分後くらいの発泡様子。でこぼこが減って、全体的に大きくなってきた。

吐出30分後くらいの発泡様子。表面の見た目はあまり変わらないように見えるが、大きくはなってきた。

吐出60分後くらいの発泡様子。ウレタン自体の見た目の変化はわかりずらい。新聞紙が浮き上がる感じで歪んできた。

吐出60分後くらいの新聞紙裏側の様子。新聞紙は反って、触ってみるとまだ柔らかいので完全に硬化してないのがわかる。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使った実験は、新聞紙の上にダイレクトに発泡ウレタンを吐出するといった実験だったが、コピー用紙と同様、硬化後は剥がれやすいという状態ではない。紙への接着は剥がそうとすると紙が破れるため、発泡ウレタンが何かしらで付いてしまった場合には、その面積によって、硬化する前に軽く拭きとるしか方法はないだろう。大事な書類などの近くでは作業しないこと。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。