魅力 検証 販売 相談 ブログ

発泡ウレタンの実験 | 布や生地に発泡させる

発泡ウレタンは衣類など洋服にくっ付くと最悪だ。生地全体に染みる感じではなく、表面の泡が乗っかる感じとなる。原液はムース状態の泡で出てくるもの。布や繊維に対し、表面だけでくっ付く。ぬいぐるみ、人形の中の充填で発泡ウレタンのエアータイトフォームを使うのも面白い。綿やビーズの代用にもなる。当たり前のことだが、泡を入れすぎると、縫製の弱いところから、はみ出てくる可能性がある。


白い布をカットしたもの。綿100パーセント。

吐出1分後くらいの発泡様子。ぼこぼこしていて、ねっとりしてる。

吐出10分後くらいの発泡様子。大きくなり、かなりぼこぼこが減った。

吐出30分後くらいの発泡様子。表面の変化は特にわからないが大きくなっている。少し反ってきた。

吐出60分後くらいの発泡様子。またほんの少し大きくなって、反ってきた。だいぶ丸っこい。

吐出60分後くらいの布の裏側。接着してる裏側は少し伸びている感じ。この布は通気性があるため接着面は硬化している。裏側への浸透はなし。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使用した実験は、布に発泡ウレタンを直接吐出するといった実験だが、使用した布は通気性があるため、全体的に同じ速度で硬化した。接着は簡単には剥がれない。強く剥がしても汚れはこびりついてるだろう。発泡ウレタンは衣類についた場合、どんなに洗っても、擦っても、汚れは落ちない事が多いので、万が一の事も考え、汚れても良い感じの服装で作業しましょう。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。