魅力 検証 販売 相談 ブログ

発泡ウレタンをコピー用紙の上に塗布する実験。

なめてはいけません。質にもよりますがコピー用紙は1枚50銭から1円くらいします。経費削減は大切なことですから、何か結果を得ようと思いつつ、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を用紙に塗布しても、得る技術は微妙でした。紙の無駄になりますので、そのままで捨てず、固まった後は発泡と紙を剥がしたりしながら、発泡ウレタンの接着ぬれが、どんな感じなのか見るようにしましょう。


普通に市販されているコピー用紙。

吐出1分後ぐらいの発泡様子。ムース状です。

吐出10分後ぐらいの発泡様子。でこぼこが減って膨らんできた。

吐出30分後ぐらいの発泡様子。さらに膨らみだいぶ丸み帯びてきた。

吐出60分後ぐらいの発泡様子。ウレタン表面は艶が出て、コピー用紙は少し浮き上がる感じだ。

吐出60分後ぐらいのコピー用紙の裏側の様子。ウレタンの裏側は少し形が変わって濡れているような感じ。でも、浸透はしていない。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を活用する実験では、コピー用紙の上に発泡ウレタンを直接吐出する実験だった、コピー用紙は机に敷き、固まるのを待つと、少し歪んだ。ただ、裏側に発泡ウレタンが浸透することはなく、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」は用紙にきちんとくっついていて接着としては満足。コピー用紙から発泡ウレタンを剥がそうとすると、コピー用紙が破れるくらいだ。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。