魅力 検証 販売 相談 ブログ

発泡ウレタンを風船に発泡塗布する芸術アートの実験。

発泡ウレタン「エアータイトフォーム」は工作や造型、美術材料としても活用できます。発泡は無限です。こんなもの見たことない、私たちでは一般の方ではなかなか考えつかないような発泡ウレタンアートもご提案したいと考えています。当社では自分流発泡という言葉を販売活動のキーワードともしており、特殊造形、個性的な発泡、例としては、風船や綿の表面にフォームを固まらせれば素材の軽量化も実現します。


風船を普通に膨らませて、その表面にエアータイトフォームを塗っていく。

最初に半分塗った泡が固まったので、どんどん塗っていく。風船なので作業中にフラフラしないように上手く固定しながら作業。

徐々に塗り付ける。

一応、塗り付け完了。

隙間があったときは再度上から塗っておく。

塗り終えた感じ。妙な物体だけど、中身は風船なのだ。


テクニカルセンター担当者コメント

今回の発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使った実験は、素材の特長を生かしながら芸術アートの未知を追求できるといった内容である。発泡ウレタン「エアータイトフォーム」を使う工作では、フォームを断続的に、出したり、止めたり、など頻繁に細かな吐出作業を必要とする場合は、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の缶に、専用の吐出ガンを接続して使った方が、格段に作業性が向上し、発泡ウレタンでは難しいと思っていた工作でも、割と簡素に解決させることもできる。当然、発泡の慣れ、吐出のテクニックは必要である。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。