魅力 検証 販売 相談 ブログ






発泡ウレタンの検証 | 発泡ウレタンフォームの専門家が魅力を語る

発泡ウレタン、ウレタンフォーム、ウレタンと聞くと、一応聞いたことはあるという人は多いと思われます。しかし、発泡ウレタンとウレタンフォームは違うもののかなどと、発泡ウレタンという材料はどんなものなのか、発泡ウレタンにはどのような特長があるのか、発泡ウレタンには種類があるのかなどと、実際にはよくわからないという人が多いのが実態かと思います。

このホームページでは、発泡ウレタンはA液なんちゃら、B液なんちゃら、メーカーのパンフレットや資料とか、どこかのサイトに書いてあるような文献コピペの説明は致しておりません。当店は発泡ウレタンの施工業者でもございません。発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」の発売元メーカーとして、自社製品についてお客様へ製品情報の詳細を公開しております。

1液しか原料が入っていないわけではないのに、1液性とも呼ばれている発泡ウレタンのスプレー製品の取り扱いに特化し、検証、確証、専門家として商品解説をしています。紹介している発泡ウレタンは身体を洗うスポンジ、マットレス、低反発枕のような軟質ウレタン系のものとは少し特徴が違ってきます。スカスカでもない、カチコチでもない、柔軟性と強度を持つ、硬質発泡ウレタンのスプレー缶製品です。

発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」は、造形、DIY、造園や植木、工作、発泡ウレタン断熱材、車、エアロ、リップスポイラーの補修、バイク、カウルの補強、空洞充填、各種バックアップ、水道管の凍結防止、発泡接着、結露防止、防音、防腐、防錆、保温、保冷、絶縁、防水層、固定、デッドニング、クーラー、ノーパンク、船舶、ヨット、ボート、浮力保持、不沈構造、街路樹など樹木の補強、穴埋め、すきま埋め、発泡スチロールの代替などに応用して使えるものです。

尚、マンションなど大規模に壁や天井にの面に吹き付けたり、地盤の液状化や大規模な沈下修正でのウレタン注入などで用いる業者用の発泡ウレタンとは少し性質が異なります。あくまで、私たちが専門としているのはハンドタイプの発泡ウレタンです。

そもそも、発泡ウレタンスプレー缶という製品は、発泡特性と接着特性を持ち合わせるものなので、多目的な用途で使えるものではありますが、それはユーザーがきちんと施工できて、きちんと発泡させることができた場合での話です。個人でも、業者でも、発泡施工不良とか発泡の失敗をする使い方をすれば、その目的は水の泡。発泡接着する特質上で、施工は一発勝負であることが多く、だからこそ、発泡ウレタンスプレーは、きちんと理解してから購入しなくてはなりません。特に、ノズルタイプでしか使えないもの、ガンタイプでしか使えないものもあるので注意してください。

発泡ウレタンを採用する場合は、固まった発泡ウレタンのメリットだけでなく、デメリットも知っておくことが大切なことです。発泡ウレタン専門店のエアータイトでは技術フォローや製品解説が大切なことであると考えており、また、発泡ウレタンスプレーという材料は、激安や最安値で販売するようなものでもありません。




1、発泡ウレタンには硬質や軟質などがあります。このホームページでは硬質ウレタンフォームという種類で、ウレタン原料がスプレー缶に入っている、自分で好みのカタチで発泡ウレタンを作ることができる発泡ウレタンスプレー「エアータイトフォーム」という商品をご案内しております。

巷では、あまり詳しく知られていない材料ですが、研究や開発、特殊用途や趣味DIYなど活用するユーザーも増えており、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の発泡性の特長は、広い技術分野でも注目され始めています。

整髪ムース、芳香剤スプレー、など家庭でも身近なエアゾール製品と同じように、発泡ウレタンスプレー缶という製品もワンプッシュで液を吐出して使用することができるものです。私たちがここで紹介するエアータイトフォームという硬質ウレタンフォームは、スプレー缶から出てくるウレタンの原液が、吐出と同時に泡のムース状態になるといったものです。

吐出してから暫く経過すると、見た目で2倍くらいの大きさに発泡し、やがて、泡の表面から乾燥しながら大体40分前後で内部まで固まる仕組みの発泡材料です。ここで言う2倍とは缶サイズの2倍ではありません。吐出して約1分後のボリュームを基準とし、体積として2倍ほどになるという意味です。体積で2倍ですから、自由発泡させたときは全体を見た感じで1.5倍ほどに感じると思います。目地や隙間など、縦方向のみ、横方向のみしか発泡させないときは、高さが2倍になるとかイメージしやすいと思います。

硬質ウレタンフォームになるスプレー缶内の主原料は、高度な接着剤の一種でもあるウレタン樹脂です。このウレタン樹脂が、空気や湿気と反応することにより、ウレタン樹脂が泡化し、やがて固まるといった仕組みです。化学製品となりますが、毒性ガスはエアゾールに含まれず、ノンホルムで、臭いもほぼ無臭の製品となっています。

エアータイトフォームのウレタン本体から出てくるフォームは、自己接着性を持ち合わせているので、施工物に対して固まったら接着します。発泡体が面にくっ付いて固まります。この特質の活用で、エアータイトフォームならば硬質ウレタンを自由なカタチに、自分が施工したいところへダイレクトに発泡施工させることを可能とします。

発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の見た目や硬さはポリスチレンフォームなど発泡スチロールと似ていますが、できあがる硬質ウレタンとは、発泡スチロールと物性的には少し異なり、屋内外で現場発泡ができたり、薬品に溶けにくいなど耐薬品性に優れているといった利点があります。

このことからも、造型など、硬化した発泡体に塗料やパテ処理、ペイント、表面を着色するといったこともできます。発泡スチロールのようには溶けません。大まかな性能的には発泡スチロールと似ていることから、発泡スチロールを使った用途の代替え、発泡スチロールでは難しい形状、いろいろと併用して活用できるシーンがあります。

発泡ウレタン「エアータイトフォーム」は湿気硬化型で常温硬化の無溶剤系ですので、発泡スチロールを溶かすことはありません。また、固すぎず、柔らかすぎず、加工性にも優れ、固まった後はカッターナイフや、発泡スチロールヒートカッターでも加工や切断が行えます。

2、昔から、市販で流通してきた発泡ウレタンの類似品は、残念ながら販売者側での使い方や技術サポート不足が多くものばかり。このことからも、市販品を使用し、お客様側での発泡失敗が絶えないという実態がございます。私たちにも他社品の失敗相談が寄せられております。

発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の取り扱い方法、使用手順はYouTube動画でご確認いただけます。商品の販売はエアータイト公式直販サイト「発泡ウレタン専門の通販ショップ」で全国通販しています。

発泡ウレタンのYOUTUBEアイコン ストローノズルで発泡ウレタンを使うための準備と操作手順
発泡ウレタンのYOUTUBEアイコン

専用吐出ガンで発泡ウレタン使うための準備と操作手順

発泡ウレタンのYOUTUBEアイコン

発泡ウレタンの洗浄方法やクリーナーの操作手順

発泡ウレタンのYOUTUBEアイコン

発泡ウレタン専門の通販ショップ「エアータイト」では、その他にも発泡ウレタンの使用手順や商品紹介などをYouTubeで動画を公開しています。

当社は激安や安売りの量販ではなく、発泡ウレタンスプレー缶の専門店である方針上、お客様に正しく製品をお使いいただくためのサポートを重視し、発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の使用手順はYOUTUBEでも動画公開しています。お役立てください。

3、発泡ウレタンの販売、通販だけを行っている会社ではありません。エアータイト社は2001年の設立以来、日本で随一、スプレー缶式の発泡ウレタンの取り扱いに特化。机上の論での追求にはならぬよう、論より証拠、お客様の身近である現場に落とし込める発泡技術を提案しております。

実際に発泡ウレタンスプレーを使いながら、エアータイト社より販売中の硬質ウレタンフォームを使用した発泡実験や使途研究を続けております。流通している安物など市販の類似品を闇雲に使ってしまって、発泡の失敗をしてしまったというユーザーがどうしても絶えません。

私たちは専門家として、発泡ウレタンスプレー缶という製品の販売を通じ、ご検討いただく際、お客様側に、どこまでウレタンフォームの発泡体に負荷を掛けることができそうか、使うのが無理なのか、発泡ウレタンは不向きなのか、発泡ウレタンを検討する価値はあるのか、など、判断できる情報材料の入り口を常にオープンにしたいと考えて活動しています。

恐らく、流通しているような発泡ウレタンは販売者、発売元、販売代理店などにその発泡ウレタン製品について詳しいことを聞いても、詳細を答えてくれる販売員は殆どいません。正直、使ったこともないような人が販売しているケースがほとんどです。

エアータイト社では購入していただくお客様に対して、発泡ウレタンスプレー缶の専門家としてアドバイスやサポートをさせていただくことにチカラを入れている会社です。個人のお客様、女性のお客様、学生のお客様まで、ご質問は気楽に気兼ねなくお声を掛けてください。

4、発泡ウレタンスプレー缶を使って「どうすればうまくいくのか」「どうやれば成功できるのか」といったこと考えながら活動しています。発泡ウレタン「エアータイトフォーム」の硬化体に物理的に加工、化学的材料を発泡過程で添加、様々な温湿度条件での発泡具合の確認、成功ノウハウを蓄積。

発泡ウレタンのスプレー缶を販売するに至り、エアータイト社ではお客様に対する個々のサポートレベルの向上を図っております。これは、発泡ウレタンの使用経験者、未経験者を問わず、多くのお客様に発泡ウレタンスプレー缶を活用していただくだけでなく、同時に、エアータイトフォームを使っていただき、発泡施工を成功していただくためでもあります。

当社が発売する硬質ウレタンフォーム「エアータイトフォーム」のスプレー缶を、採用、注文をいただける際に参考にしていただきたい実験状況を公開しています。多くのお客様に参考にしていただければと思います。また、時代の流れと共に、硬質ウレタンフォームは断熱材など王道の使い方だけではなくて、皆様に、他の用途でも使える可能性を知っていただきたいと考えます。発泡美術、造形、DIYなど、さまざまな使いみちでの活用をエアータイト社では積極的にサポートします。

発泡ウレタンを浮き輪の中に浮沈構造で充填する実験。

浮き輪に発泡ウレタンを充填する。

ビーチボールの中に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを充填。今回は直径500ミリの球体。穴があいても沈まない、穴があいても水が進入しない浮き輪のビーチボールバージョン。

発泡ウレタンを水の上に悪臭封じ込めの蓋として固める実験。

水の上で固まる発泡ウレタン。

水面に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを固まらせ、蓋や栓の機能を発揮させる実験。飲料や生物が棲んでいる水に直接施工は不向きだが水の悪臭防止や蒸発防止など、封じ込め技術に。

発泡ウレタンを大きめの隙間や空洞に充填する実験。

隙間に発泡ウレタンを充填する。

緩衝材で使われている発泡スチロールに硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを塗布施工。発泡スチロールを溶かさないのか、発泡体の接着や一体化につかえるのか検証実験。

発泡ウレタンを段ボールの輸送緩衝で固定活用する実験。

発泡ウレタンを緩衝材で使う。

段ボールの輸送などで使う緩衝材として硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを施工。どんな大きさ、カタチでも簡単に発泡体を作れてしまう。硬質発泡ウレタンの癖を自分のものにする実験。

発泡ウレタンをH型鋼の結露防止で使うイメージの実験。

発泡ウレタンを鉄骨に塗布する。

H形鋼などの鉄骨面への硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームの塗りつけ施工。部分的な所に発泡ウレタン施工するとき、厄介な周囲への液飛び散り、養生も不要な塗りつけ法。

発泡ウレタンを空間空洞のデッドスペースに充填する実験。

空隙部に発泡ウレタンを充填。

ちょっと半端な空間、大きめの目地、隙間に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを埋める初歩的な簡易実験。隙間で2倍くらいに発泡してから固まる雰囲気を確認してみてください。

発泡ウレタンを浮力保持や浮沈構造で使うイメージの実験。

発泡ウレタンを浮力保持で使う。

発泡ウレタンは水に浮きます。本来ならば水の中に沈んでしまう身近なものの内部に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォーム充満させて、浮沈の沈まないようにできるのか浮力保持の実験検証。

発泡ウレタンで断熱ボックスのケースを作る実験。

発泡ウレタンで断熱ボックスを作る。

段ボールに硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを施工して、段ボールを断熱仕様にしてしまう簡易施工実験。自由な形に、どんなものでも断熱化ができる施工の様子をご覧頂けます。

発泡ウレタンの発泡流動具合を確認する実験。

発泡ウレタンを凹凸部に使う。

四角と丸、異なった形状への発泡充填実験です。形に関係なく、硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームが発泡硬化する様子、箱の中で充填するときのアドバイス、ポイントを説明しています。

発泡ウレタンの1液性タイプで大きく発泡させる実験。

発泡ウレタンにサイズ制限はない。

無理と言われている大きな充填。全然、無理ではありません。高い2液を買うのは一呼吸です。充填することの難しいサイズに仕上げる簡易実験。硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームならではの活用法。

発泡ウレタンの2倍発泡の基準を確認する実験。

発泡ウレタンの発泡倍率を知る。

巷で言う2倍発泡の実験です。硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームは塗布した量に対して、約2倍の大きさになって、中まで固まります。缶サイズ比ではなく、2倍という意味を説明します。

発泡ウレタンを二重管の空洞に注入充填する実験。

きれいに固まる発泡ウレタン。

パイプや筒の中に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを充填する実験。今回使用した素材はダンボールです。モルタルのような感じで、2重層の空間や内部の材料固定などに発泡が使われる原点。

発泡ウレタンを発泡造形で使用するイメージの実験。
発泡ウレタンで発泡造形。

工作造形部材として硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを使用する実験です。エアゾール式なのでリアルに塗布することもでき、固まった後の加工性の良さ、作業性の雰囲気を確認してみてください。

発泡ウレタンを接着させない方法をイメージした実験。

発泡ウレタンの剥離方法。

固まった時に硬質ウレタンフォームのエアータイトをーむを接着させたくない使い方。隙間に充填する際に相手面と接着させたくないときの応用。固まった後、ウレタンフォームを取り外したいときは参考に。

発泡ウレタンで立体文字やPOPを作る実験。

発泡ウレタンで立体文字を造形。

硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームで立体文字を簡単に作れます。原液は液体ではないので泡で文字を書く要領です。立体的に、発泡ウレタン造形を文字で表現する施工法です。ワンオフに最適。

発泡ウレタンを塩ビ管に接着固定する実験。

発泡ウレタンは塩ビ管に使える。

発泡ウレタンは塩ビを溶かすとか怪しい情報もありますが、2液のように発熱しない硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームならば塩ビを溶かしません。丸い形状の素材同士を固定する施工法。

発泡ウレタンを塩ビ管の断熱凍結防止で使う実験。

塩ビ管の断熱材で発泡ウレタンを使う。

2重層塩ビ管の空間へ硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを発泡充填する施工法。凍結防止、断熱、振動防止、など一つの材料でありながらも多機能を発揮できるウレタンフォーム充填法の一つ。

発泡ウレタンを薄く微発泡する接着剤として使う実験。

発泡ウレタンの気泡をつぶして使う。

硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを微発泡する接着剤として使う実験です。王道な使い方ではありませんが、泡を固まる前に潰すとちょっと見たことない強力な接着剤に変身。泡を潰して発泡。

発泡ウレタンを風船に発泡塗布する芸術アートの実験。

発泡ウレタンを風船に塗布してみる。

発泡ウレタンを使って、丸いところに発泡をデコレーションする実験。新しい発想として風船に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを塗ってみる試み。施工中に風船が割れる恐怖の発泡検証。

発泡ウレタンをフローラルフォームでアレンジ活用する実験。

フローラルフォームに発泡充填剤。

アートフラワー、プリザーブドフラワー、ドライフラワーなどアレンジのフローラルフォーム、オアシス、土台として硬質ウレタンフォームの発泡充填剤を花器に使う実験。少し硬めですが発想力がUPは確実。

発泡ウレタンをコピー用紙の上に塗布する実験。

発泡ウレタンをコピー用紙の上に塗布する。

どうってことない実験ですが原点中の原点。コピー用紙に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布、接着、硬化させるとどうなるのか。表面と接着面に発泡具合の違いがあるのか。

発泡ウレタンをティッシュに塗布する実験。

発泡ウレタンをティッシュに塗布する。

ティッシュペーパーの上に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのかといった実験。染みてしまうのか、千切れてしまうのか、くしゃくしゃになってしまうのか確認。

発泡ウレタンをビニル面に塗布する実験。

発泡ウレタンとビニル面の相性。

ビニール面に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのか。発泡ウレタンはビニールの上だと綺麗には固まらないが、うまく施工できる方法をアドバイスします。

発泡ウレタンを布に塗布する実験。

発泡ウレタンを生地の上に塗布する。

伸縮生地に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させると、生地はどうなるのか実験してみました。少し、難しい発泡技術ですが、形成中に発泡負荷をかける重要な実験。

発泡ウレタンを新聞紙の上に塗布する実験。

発泡ウレタンを新聞紙に塗る。

どうってことない実験です。新聞紙に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのか、新聞紙は厚さが薄いので、固まった時にどのような形状になるのか検証。

発泡ウレタンを風邪マスクに塗布する実験。

発泡ウレタンをマスクに塗布する。

埃や花粉を防ぐ市販のマスクに硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させてみる実験。どれくらい泡が染みるのか、顕微鏡で見てみたかった発泡検証です。

発泡ウレタンをキッチンペーパーに塗布する実験。

発泡ウレタンをキッチン用ペーパーに塗布。

吸水率あるキッチンタオルに硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのか実験。吸水性があるものは発泡ウレタンが固まる際に影響がないのかを検証。

発泡ウレタンをポリカーボネートに塗布する実験。

防蟻発泡体に発泡ウレタンを接着。

防蟻発泡体などに使われているポリカに硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させる実験。ポリカーボネートとの接着相性を知るうえで試したかったマニアックな検証。

発泡ウレタンを小石や砂利に接着させる実験。

発泡ウレタンと小石は接着する。

小石に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのか。発泡ウレタンは粉とか埃を嫌うなんて言いますが、本当なのか、どれくらいまで許容できるのか検証。

発泡ウレタンを木炭に塗布する実験。

発泡ウレタンと木炭の接着相性。

備長炭にエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのか。そもそも、発泡ウレタンと炭は接着できるのだろうか、といった素朴な疑問があったので検証。

発泡ウレタンをPETボトルの空間内部で硬化させる実験。

発泡ウレタンをペットボトルの中で発泡。

ビギナーの方がよく失敗する発泡。水を通さないペットボトルの底に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを充満させて、きれいに固まらせる方法です。湿気硬化型なので湿らせておけばよいだけ。

発泡ウレタンを鑑賞用の珊瑚に塗布する実験。

発泡ウレタンは珊瑚とも接着する。

水槽など観賞用で使用するサンゴに硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを自由発泡で塗布接着させるとどうなるのか。多孔質のものに発泡ウレタンは接着できるのか、しっかり固定できるのか。

発泡ウレタンを発泡スチロールに塗布する実験。

発泡スチロールに硬質ウレタンを塗布する場合、溶けることなく接着できる。発泡スチロールはカラースプレーなどで色を塗ると溶けてしまうが、硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームは溶けない。

発泡ウレタンをゴムホースの内部で硬化させる実験。

ゴムホースの中に硬質ウレタンフォームのエアータイトフォームを充填して固まらせることはできるのか。どんな感じで発泡して流動するのか、ホースの中で固まった後の硬さは、どんな感じなのか検証。


このページがお役に立てましたら 「いいね!」 をお願いします。





「 発泡ウレタン エアータイト 」でネット検索!